バストアップも可能!美姿勢トーニング綺麗な体作り

私が美姿勢トーニングで一番感動したこと。

 

骨盤底筋を鍛える(2番を締める)ということももちろん!

 

私の悩みの一つ

背中が反り過ぎ(一見良い姿勢に見える)のため、肩甲骨の間がいつも凝っていて、

肋骨がひらいて、小さなバストの下にポコンと骨がでてしまい、

 

バストが4つ?なんて見える自分の体。


これは、世界のスーパーモデルの中にもそういう人がいて、太る痩せるに関係ない骨格の使い方だなあと思っていたのですが、

 

その解決方法がわからなかった。

f:id:miryokugaku:20150210060257j:plain

 

これは、5年ほど前の写真。

良い姿勢に見えますが、背中が縮んで胸郭が広がってます。これでは、✖。


本講座に出た方なら解ると思いますが、縮んだ背中を伸ばす、飛び込むポーズ。

ここを伸縮させて、伸ばして鍛える。

 


これには、本当に目からウロコでして、私の姿勢と、上半身が劇的に変わったのです。

 

本講座に2回参加。

その後は千明さんに時々個人指導を受けつつ、自分でエクササイズを続けていましたら


なんと、バストが大きくなってきました!

f:id:miryokugaku:20150210060451j:plain

 

スレンダーなのに、綺麗なバストの千明講師



胸を反り気味で、広がってしまったバスト。

バスト下の肋骨がしまり、上部は開いた状態にしておくことで綺麗な丸みが出てきたのです。


 

猫背だと、バストは垂れてくる

反り気味だと、バストは広がってくる。

綺麗な胸郭を作るとバストはあるべき場所に落ち着くのですね。

 

 


そして、ブラを、「寄せて上げる」をやめた事も大きな理由です。


日本やアメリカで主流の「寄せて、あげて、バットで底を支える」ということをやっていると、背中が丸まり、バストの形が潰れてしまうのです。


今は、フランス式のブラで自然な丸みを作る事しているので、肩も背中もこらないで丸みのあるバストになってきました。


ワンデイではここまで出来ないのですが

ぜひプラクティショナー講座 または

本講座でこのことをぜひ学んで欲しいです。

 

 

5年前の写真、サイエンススキンケアで、消えてくれた、頬のもやもやシミが、くっきり見え、左頬の悩みだったニキビ跡も見えますね。

いまは、まったくなくなりました。

サイエンススキンケアについては下部のリンク集から



  美姿勢トーニング本講座についてはこちら

魅力人でいこう

 

魅力人になりたい人へ

◇中原晴美はどんな人?  HP FB Blog

◇魅力磨きしたい人へ 魅力アカデミーHP FB Blog
◇魅力磨きのヒントは 魅力学のススメ メルマガ

◇本当の素肌を取り戻す サイエンススキンケア HP Blog